ICT

新技術開発

3次元技術による線形計算〜建築限界支障チェック支援「APS-Railway」

概要

APS-Railwayは国内唯一の鉄道設計専用のパッケージソフトです。平面線形計算、縦断線形計算、建築限界計算、及び現況施設との支障チェックを、3D空間にて行うことができます。

  • 平面線形、縦断線形の計算はトライアル操作に対してダイナミックに連携する専用CAD上で行います。
  • カント量、拡大量を設定し、てい減を反映した設計3Dモデルを作成できます。
  • 3Dレーザースキャナ等で測量した現況施設と、設計3DモデルとをAutodesk AutoCAD上で融合し、建築限界支障チェックを行えます。
  • 設計データから線形図、断面図等の成果図面の作成を行えます。
APS-Railway

鉄道線形専用CAD

  • 現況施設との離隔、線間の離隔を計算できます。
  • 線形の変更と同時に曲線諸元、離隔等が更新されるためトライアルを効率的に行えます。
  • 緩和曲線を含む高精度な平面線形計算をCAD感覚で行えます。
  • 地形図から図形端点等を引用できます。
APS-Railway

縦断線形・断面設定・プラットホーム

  • 縦断線形(こう配、縦曲線)を検討します。
  • 平面図上に設置したコントロールポイントとの標高差を確認しながら検討できます。
  • 平面線形曲率と走行速度からカント量、拡大量を自動設定します。自動設定後に変更も可能です。
  • 任意のキロ程での建築限界形状を計算できます。
  • 単式、島式プラットホームを計算できます。
APS-Railway

設計3Dモデルと建築限界支障チェック

  • 3Dレーザースキャナ等で測量した現況施設と、設計3DモデルとをCAD上で融合し、建築限界支障チェックを行えます。
APS-Railway

成果図面・計算書作成

  • AutoCAD上に平面図・断面図を直接作図できます。
  • 画層・線色・文字サイズ等は任意に設定できます。
APS-Railway
  • 曲線諸元計算書、離れ計算書等の線形計算書を作成し、Microsoft Excelに出力できます 。
APS-Railway

動作環境

OS
Microsoft Windows 日本語版の以下の何れかが必要
Microsoft Windows 8/8.1 (32/64bit版), Microsoft Windows 7 (32/64bit版、SP1以降), Microsoft Windows Vista(32/64bit版、SP2以降)
コンピュータ本体
上記OSが動作するIBM PC/AT 100%互換機
CPU
Intel Core/Pentium/Celeronシリーズおよび100%互換のCPU
  • Microsoft Excelへのデータ転送機能をご利用いただくには、Microsoft Excel97〜2013の何れかが必要です。
  • Autodesk AutoCADへの作図、及び、建築限界支障チェック機能をご利用いただくには、オートデスク社製品の以下の何れかが必要です。Autodesk AutoCAD 2007〜2015(LTを除く)、Civil 3D 2007、AutoCAD Civil 3D 2008〜2015、Map 3D 2007、AutoCAD Map 3D 2008〜2015、Architectural Desktop 2007、AutoCAD Architecture 2008〜2015 (全て32ビット版のみ対応)
  • Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。また、Microsoft、Windows、Microsoft Excel、Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1 は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商品名称です。
  • Intel、Pentium、Celeron、Core はアメリカ合衆国および他の国におけるインテルコーポレーションまたはその子会社の商標 または登録商標です。
  • Autodesk AutoCAD、Civil 3D、Map 3D、Architectureは、Autodesk Inc.の米国およびその他の国における登録商標です。

お問合せ先(弊社販売代理店)

株式会社エムティーシー