施工技術

鉄道改良工事で培った、鉄道近接工事の豊富な経験とその専門技術により安全で効率的、かつ高品質な工事積算、施工監理、計測管理、財産整理などの幅広い土木施工技術サービスを行います。

工事積算

鉄道に関係した工事は、列車の安全・安定した運行を保障しつつ、安全に工事を進めることが求められます。このため工事施工は、安全ルールの遵守や防護設備の設置が求められたり、列車の少ない深夜の短い時間帯や旅客の少ない曜日に限られたり、年末年始や盆などの多客期は工事休止するなどの厳しい制約を受けます。
当社では、複雑、かつ難易度の高い鉄道に関係した工事の工事積算を合理的、かつ効率的に行います。

線路下横断工(架道橋)工事 線路下横断工(架道橋)工事
営業線近接工事 営業線近接工事

施工監理

鉄道に関係した工事は、列車の安全・安定した運行を保障するため建設業法の他に鉄道事業法等の適用を受け、他に比類なき厳しい制約を受けての施工となります。このため工事を安全に進めるためには、第三者の厳しい施工監理が有効とされます。
当社では、複雑、かつ難易度の高い鉄道に関係した工事の施工監理を的確に行います。

線路下横断工(架道橋)工事 線路下横断工(架道橋)工事
営業線近接工事 営業線近接工事
高架橋柱耐震補強工事 高架橋柱耐震補強工事

軌道設計

鉄道に関係した工事は、線路の撤去、新設、及び移設を伴う場合が多く、安全な列車運行を保障する軌道設計が必要とされます。
当社では、鉄道線路の現況調査、軌道設計、及び線路切換計画の策定などを行います。

軌道設計
弾性バラスト軌道敷設工事 弾性バラスト軌道敷設工事
軌道配線略図 軌道配線略図

計測管理

鉄道に近接して行われる建築工事やトンネル工事では、鉄道線路や鉄道施設に影響を与えることが予測され、列車の安全・安定した運行に支障します。
当社では、鉄道に近接した工事に求められる、鉄道施設の計測計画、計測及び解析を行います。

計測管理業務

JR東日本の営業線に近接して行われる工事では、線路や鉄道施設物に変状を与えることが予想され、列車の安全・安定輸送のため近接協議が必要です。当社では、JR東日本との協議の助言および、鉄道の安全を確保するための、計測計画・鉄道施設物の沈下や傾斜等の変状の現地計測・解析を行います。

計測管理業務

光ファイバーひずみ計による場所打ち杭の計測

東北新幹線那須塩原〜新白河間白坂トンネルでは、開業以来りょう盤構造のスラブ軌道箇所に置いて、噴泥及び噴泥に伴う路盤の沈下や軌道狂いが発生し、補修が繰り返されてきました。これに対する恒久対策工として、桁構造化スラブ軌道工法を採用し平成13年3月から施工を開始しました。
これに伴い、支持する杭(水中不分離性鋼繊維補強早強コンクリート)の列車通過時の挙動を長期間計測する目的で、杭体内に光ファイバーひずみ計(耐久性・電磁誘導による影響がない)を設置して平成13年12月から計測を開始しました。

光ファイバーひずみ計による場所打ち杭の計測

光ファイバーひずみ計による計測の特徴

  • 長期耐久性
    通常のひずみゲージのようにリード線の腐食、絶縁低下等、劣化する要素が無く、また、非伝導体であるため雷による損傷の恐れもありません。したがって、長期間安定した測定が可能です。
  • 電磁誘導による影響がない
    素材が無機のガラスであるため電波、磁力等の影響がありません。電化区間での測定でも誘導電圧によるノイズの混入の恐れもありません。たとえば、新幹線軌道脇でセンサーからアンプまで500m離れていても誘導ノイズは混入しません。(実績200m)
  • 高電圧部に対し直接測定可能
    非伝導体であるため、従来トランスミッタを介した測定(無線電送)で行われた測定も直接測定が可能です
測定装置
測定装置
埋没型歪計
埋没型歪計
歪ゲージ内部(赤い部分の先端)
歪ゲージ内部
(赤い部分の先端)

財産整理

鉄道に関係した工事により鉄道会社が有する固定資産に変更が生じた際は、税法上の整理が必要となります。
当社では、工事により生ずる固定資産の取得や除却に必要な図面、図書及び管理システム入力データの作成を行います。

財産整理
財産整理