環境方針・環境目標

環境方針

私たちが日常行なっている鉄道施設等の計画・設計などの業務は、施工段階さらには完成して使用される段階で、地球環境に大きな影響を与えることとなります。

私たちはこのことを十分に認識し、鉄道技術の総合コンサルタントとして、地球環境の保全に全社員で取り組みます。

  1. 私たちは、当社が行なう業務を通じて、地球温暖化防止、新たなエネルギーの活用、省エネルギー化、3R(Reduce:削減,Reuse:再使用,Recycle:再生利用)、メンテナンスフリー等に関する積極的な技術提案を行なうなど、常に環境への影響に配慮します。
  2. 私たちは、環境に関する法令等を遵守するとともに、環境目標を定めて継続的に取り組みます。
  3. 私たちは、当社自らの事業活動における省エネルギー化、省資源化、リサイクル等を推進します。
  4. 私たちは、私たち自身のみならず家族の日常生活や社会活動においても環境保全に努めます。
  5. 私たちは、本方針を社員全員に周知して実行するとともにホームページなどにおいて広く公開します。また、社員の環境意識を高めるため、教育・啓発活動を行なうとともに、必要に応じて社内外に情報発信します。

環境目標

  1. 「設計等成果品における環境配慮事項(例)」を作成・周知し、環境へ配慮された成果品を作成するよう努めます。
  2. 「有機薄膜太陽電池」、「温度差発電」、「小水力発電システム技術」等、新エネルギー技術の開発・応用など地球環境の保全に資するチャレンジングな取り組みを推進します。
  3. JR東日本グループ施設等の屋上緑化を推進します。
  4. オフィス照明の昼休憩時間や照明不要時の消灯、パソコン本体及びディスプレイの不要時の電源オフを行い、オフィスの電力消費量を削減します。
  5. 社内に環境保全活動推進組織を構築し、具体的な取り組みを推進します。
  6. 環境保全活動に関するリーフレットを作成して、社員とその家族に配布し、具体的な取り組みを促進します。
  7. iPadを活用したペーパレス会議など、ICT技術を活用して環境負荷の軽減に取り組みます。
  8. 地球環境保全について社内報、ポータルサイト、ホームページ等を通じて社内外に情報発信します。